Sophisticated life

洗練されたライフスタイルを求めて ~旅と孤独、そして野心~

生きる意味とは創造のプロセスの最中に存在する

f:id:sophisticatedlife:20141203113042j:plain

イーストリバー沿いの反対方向から眺める夕方のマンハッタンは、

お気に入りの場所である。

時として、

この風景は、センチメンタルな気分を容赦なく呼び込む。

 

その度に、ついつい過去を振り返ってしまう。

 

 

昨年9月末に退職した。

 

新聞社を経て当時の会社に入ったのは1990年4月、

およそその会社に24年間お世話になった。

 

会社を辞めた理由はいくつかあったが、

選択と自立的な判断を通じて、

自分の人生を再度、

セットアップしたかったのが大きな理由であろう。

 

当然、組織の中に入れば、理不尽なことも多い。

理不尽などどこにでもあることで、

これを理由に辞めていれば切りがないはず。

 

仮に、その理不尽に耐えられないということであるならば、

それを打開するには2つの方法しかない。

一つは、自分がルールを作る側に立つこと。

即ち、それは自分が権力を握ることでもある。

 

もう一つは、その組織を離れるということだ。

 

そんなに難しいことではない。

 

私は自分で言うのも手前味噌ではあるが、

社内外で評価を受け、

世間的にはエリートに近い路線を歩いていた。

 

人生に確実性などないもので、

経営との確執、社内のガバナンスの欠如等により、

私が多少なりとも、会社を見限りはじめ、

会社との対立が目立つようになった。

 

当然のごとく、私は全く経験のない部署に追いやられたばかりか、

役職まで外され、

社内失業者と同然の生活を余儀なくされた。

 

しかし、給与まで奪われるものではないゆえ、

しばらくゆっくりこの生活を逆に楽しもうと、

自分の中で腹をくくったのだが、

やはり、生活は楽しくはない。

 

生活の安定のためだけに、

定年までの時間を殺すような暮らしを送るということは、

絶対にできるわけがないと確信しはじめた。

 

その時から、

会社を辞めるというための現実的な計画、判断をするようになった。

 

確かに、生活の安定を維持するということを考えれば、

会社に居続けなければならないのかもしれないが、

会社に居続けることにより、

時間というかけがえのないものが、

空虚に奪われることのほうがリスクでもある。

 

この成熟した社会で野垂れじぬ事などありえない。

そう開き直ったときから、

会社を辞めるということに躊躇はなくなった。

自分の人生を作るんだとね。

 

Life is what you make of it

 

東京とニューヨーク往復する慌ただしい生活の中で、

旅先でふと感じる孤独感がとてもたまらなくいい。

 

それは自由を感じ取ることができたからだ。

 

人は自分の人生を生きるべきであり、
生きるとは創造のプロセスの最中に存在することだと、

 

確信している。

 

勇気をもって果敢に生きていきたい。