Sophisticated life

洗練されたライフスタイルを求めて ~旅と孤独、そして野心~

不透明な経済の行方のなかで

今月はじめの大発会から日経平均が大幅に下落するなど、

今年の経済の見通しの不透明さを暗示するかのような、

滑り出しをした日本経済だが、

アベノミクスという万能薬もここに来て、

少し息切れをしたような感が拭えない。

 

日経平均株価が18000円到達を目前に控え、

あれよあれよと17000円を切るなど、

下落基調に拍車が掛かっている。

 

原油安、ロシア、パリ市内によるテロ、

ギリシャ不安の再燃など、

国際的なリスク回避の流れが蔓延する中、

世界的に株安となり、債券が買われる傾向となっている。

 

所有している株も、この1週間で50万円ほど減損となった。

日銀の黒田バズーカによる官製相場であっても、

国際的な要因には太刀打ちできない。

 

株価が下がれば、GPIF、日銀などが株やETFを買い入れ、

措置を講じるなどと言われているが、

それにも限界はあるだろう。

 

株や外貨、そして、債券などの投資に手を出すのは、

一言でいえば、金を稼ぎたいからである。

直球すぎるが、それは本音である。

 

金があれば、自由が得られれる。

決して、享楽的な生活を夢見ているわけではない。

金を増やすことにより、人生の選択肢が広がり、

心身ともに豊かな生活を享受できる。

 

金にこだわるのは、自由というオプションが欲しいからだ。

不透明な経済の見通しの中でも、

確実に利益を上げていかなければならない。

 

不確実性の中でも、目的を達成する。

それが侍だろう。