Sophisticated life

洗練されたライフスタイルを求めて ~旅と孤独、そして野心~

母に最期に会えず 今までありがとう!天国で幸せに

f:id:sophisticatedlife:20150205193005j:plain

母を見送った。

 

享年87歳であることを考えれば、

平均的な日本人女性のレベルには達しているものの、

やはり、心の支えでもあり、

拠り所でもあった母親の死を受け止めるのはきつい。

 

急遽、滞在先のニューヨークから福岡に戻ったが、

最後の瞬間には立ち会うことができなかった。

知らせを受けたのは、現地時間の午後7時すぎ。

危篤ということで慌てて、準備をしたのだが、

日本に向かう便は午前しかなく、

アメリカのキャリアを探したが、

結局は翌日の朝まで待つしかなかった。

 f:id:sophisticatedlife:20150205193032j:plain

ニューヨークは大雪に見舞われたが、

何とか日本航空の便に乗ることができ、

26時間かけて福岡にたどり着いた。

 

しかし、母親は既に天上界へと旅立っていった。

 

慌ただしい時間だった。

通夜、告別式を無事に済ませ、

故人の生前に関係する多くの人達に見守られ、

静かに旅立った。

 f:id:sophisticatedlife:20150205193101j:plain

数十年振りに大宰府天満宮に一人訪ねた。
御神木の飛梅も三分咲きで、
三月初めには見頃を迎える。

幼少の頃、よく来たな。...
母は出来の悪い僕の将来に
日頃から不安を抱いていて、
学問の神様で菅原道真公の御墓所であり、
そのお御霊を祀る大宰府天満宮に、
時間があると僕を連れ参拝していた。

f:id:sophisticatedlife:20150205193127j:plain

思い出深い場所の一つだ。
長い時を隔てても当時と変わらず、
幼少の記憶に引き戻される。
懐かしい。

最後の時には間に合わず、親不孝したな。
悔やまれる。
大学進学と同時に故郷を離れ、
あまり一緒にいてあげられず、
寂しい思いをさせた。

何もしてやれなかった。

親父の時はある程度、受け入れられた。
覚悟はできていたつもりだが、
母親については、正直きつい。

手前味噌だが、優しく、あたたかく、
春の陽だまりのような母だった。

親不孝への償い、育ててもらった感謝、
今後、何ができるのか…。考えたい。

母への生前のご厚誼に、
親族をはじめ関係の皆様に感謝。

別れの瞬間から新しい生き方を迎える。
気持ちを切り替え、
旅立ちと受け止め、
祝ってやりたい。

 

心からありがとう。