Sophisticated life

洗練されたライフスタイルを求めて ~旅と孤独、そして野心~

JALの見事な対応

f:id:sophisticatedlife:20141130100848j:plain

最近、JAL関連の話題ばかりで、読書の皆様に恐縮している。

 

たかだか、航空会社の上級会員のステータスを取得したぐらいのことで、

自分らしくなく、はしゃいでいるのが少し、気恥ずかしい。

 

正直なところ、貧困家庭→5流大学→5流企業→起業→5流経営者の道をまっしぐらに歩んできた私としては、今回のステータス取得は一つの達成感を得ているのは事実だ。素直に嬉しい。

 

話は戻るが、サファイアステータスのフラグが立ったと同時に、

マイレージ事務局に電話をして、

至急、会員になるよう手配をした。

 

通常であれば、サファイア達成の翌月末に入会者と会員証が送付され、

手続きをした上で完了すれば、見事、JGCの正会員となるわけだ。が、

 

そこまで、ゆっくり待つことはできない事情がある。

 

というのは、来週7日から、理由もない、用事もない、わけもわからない、

プレミアという上級ランクを目指すために、ポイント取得のために、

シンガポールに旅立つからだ。

 

その際に、JGC入会しているか否かは、

サービスを受けるという点で大きな違いが出てくる。

というより、多大な機会損失を受けるのである。

 

事務局に連絡するやいなや、

その迅速なハンドリングに敬意を抱いた。

私の東京の自宅は港区にあるのだが、

電話した翌日には申し込み書が届いていた。

素晴らしい。

 

大学からの合格通知を受けた少年のように、

私は急いで開封し、所定の申し込み書を記入し、

ポストへと投函した。

むしろ、JALカード事務局が自宅の近くであったことから、

手渡しで届けようとも考えたが、

やはり、それはやりすぎだろう。

 

目下の関心は、7日のフライトまで間に合うために、

6日までに会員証(クレジットカード)が届くかどうかだ。

 

待ち遠しい。

 

あぁ、JALに翻弄される日々。

 

気持ちがよい。